婚約指輪は「給料の3ヶ月分」が普通なの?

結婚が決まったら、いよいよ婚約指輪の購入ですね。 いざ婚約指輪を購入しようと思ったとき、いくらの指輪を買えばいいか悩んでしまいます。「給料の3ヶ月分」なんてフレーズをよく聞きますが、それは本当なのでしょうか?このフレーズは、ダイヤモンドで有名なある会社が販促のために、作ったキャッチフレーズです。 そのため、「給料の3ヶ月分」の婚約指輪を購入する人は、比較的少ないです。実際は、30万円~40万円の婚約指輪が相場となっています。 「給料の3ヶ月分」でなくても高価なものには変わりありません。一番大切なのは気持ちなので、一生懸命選べばきっと彼女も喜んでくれるでしょう。後悔のないような指輪選びを目指しましょう。

婚約指輪を選ぶときのポイントは?

それでは、婚約指輪を購入するときに、値段以外ではどのような点がポイントになるのでしょうか。 まずは、既製品かオーダー品かを決める必要があります。もちろんお金があれば、オーダー品でも問題ないてしょうが既製品には完成品を見れるという大きなメリットがあります。仕上げ加工や刻印により彼女だけのオリジナル製品となりますので、必ずしもオーダー品にこだわる必要はないでしょう。 また、指輪を贈るシチュエーションとしてとして、プロポーズの際にサプライズという方法もありますが、プロポーズ後に一緒に選びに行くという選択肢もあります。一緒に選びに行くことで彼女は本当に気に入ったデザインの指輪を選ぶことができます。サプライズにこだわらず、思い切って一緒に買いに行くということも検討してみましょう。

結婚指輪は、結婚を決めた男女が互いに贈り合うものです。一般的には、結婚式で愛を誓う際に交換します。左手の薬指に付けるもので、指輪をしているかどうかで既婚者がどうか分かります。